ニュースリリース

ブータン人女性4人、就労ビザ取得

「語学留学すれば卒業後に仕事を紹介する」などと日本や現地のブローカーに勧誘され来日したブータン留学生が、仕事も紹介されず学費返済などで困窮している問題で、愛媛県内の団体の支援を受けた宇和島市に在住するブータン人女性4人がこのほど就労ビザを取得。市民として新たな一歩を踏み出した。

 県内では有志による「ブータン人材育成委員会」が発足し、安心できる労働や滞在の環境確保に尽力。4人は支援を受けて、3月から南予地域で企業訪問や就労体験などを行ってきたが、今月上旬に念願の就労ビザを取得した。現在は市内の食品や農業関係の会社に就職。住民票も移し、初のブータン出身の市民となった。

 会によると、宇和島圏域で働く意欲があり、就労ビザ取得を目指しているブータン出身者がほかにも数人いる。

引用:愛媛新聞