ニュースリリース

両親の委員会がBEO「稼いで学ぶ日本プログラム」に関する刑事訴訟

6月26日、「稼いで学ぶ日本プログラム」に関係する両親達はメモリアル・チョルテンに集まった後、RBP本部に向かい、BEO「稼いで学ぶ日本プログラム」に関する刑事訴訟を起こしました。
『The Bhutanese』Twitter
 https://twitter.com/thebhutanese/status/1143739400368447488 両親の委員会は、BEOに対する苦情を申し立てます。

法務責任者が率いる両親の委員会は、ロイヤルブータン警察本部(RBP)へ、プログラムの学習および獲得に関する問題に関する刑事訴訟しました。
上訴書には、代理人に対する5点の非難があります。
委員会は RBPに徹底的な調査の実施を要求し、法的責任を求めた。
青少年を含む約 100人の委員が、苦情を申し立てるために RBP本部に向かう前に、メモリアル・ショルテンの近くに集まった。
事件は本質的に刑事訴訟であると述べ、委員会は民事訴訟ではなく刑事訴訟として提出することを決定した。
約 500人の学生が法廷で彼らを代表するための代理権を提出しました。

引用:BBS
『Parents’ Committee lodge complaint with the RBP against BEO.』
 http://www.bbs.bt/news/?p=116607



審査後にBEO事件を登録する警察

エージェント BEO に対する申し立てのために、ティンプーのロイヤルブータン警察本部の外に「学び・稼ぐプログラム」の保護者委員会および青少年の代表者約 100人が集まりました。
「学び、稼ぐプログラム」を通じて日本に送られた親と青少年は、5つの刑事問題に基づいて、BEOに対する苦情を登録するよう警察署長に訴える書簡を提出しました。
警察署長の Chimi Dorji 准将は、事件の捜査が必要であれば事件の見直しを行うため、事件を警察の Thimphu 監督官(SP)に送りました。

引用:クェンセル
『Police to register BEO case after review』
 http://www.kuenselonline.com/police-to-register-beo-case-after-review/



引用:BBS

引用:クェンセル