ニュースリリース

ブータンへ、別々の飛行機で飛ぶ日本の 2人の国の相続人

情報筋によると、文仁王子の息子である悠仁王子が「菊の王座」 2番目の継承者になり、帝国の血統を守るための予防策として、別々の民間機で飛行するという。
日本政府は、男性のみの承継規則を維持しています。
情報筋によると、文仁王子は一人で、悠仁王子は母親の紀子妃と一緒に旅する。
日本からの彼らのフライトは数時間ずれるが、ブータンの目的地で一緒になるだろう。

Southasian Monitor
『Japan’s 2 imperial heirs to fly on separate planes to Bhutan』
 http://southasianmonitor.com/2019/07/18/

TBSニュース
『秋篠宮さまと悠仁さま 別便で海外へ、皇位継承を考慮』
 動画:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/

山本けいこ様よりご提供