ニュースリリース

99.9%の脳障害を伴う昏睡状態のソナム

27歳の Sonam Tamangは、家族にとって勤勉な愛らしい娘でした。
彼女の家族によると、彼女は学校教育の間中苦しんだがそれは彼女を強くし、人生の意味を知り、努力は報われた。
彼女はクラス 7のときに寄宿学校に行き、大学に入学する資格を得られなかったときは諦めずにクラス 12を繰り返しました。
そして、彼女は Gedu大学に進学しました。
2016年に勉強を終え、仕事探しに苦労しているときにブータンの BEOを通して日本に行く「学び、稼ぐ」(LEP)プログラムを知った。
「日本でもっと稼ぐことができる」
彼女は母親 Dhan Maya に日本でのプログラムについて説明し、母親はその決断に同意しました。
それは彼女の人生で非常に幸せな瞬間でしたが、それが家族との最後の集いになることを知りませんでした。
幸福は長くは続かなかった。

Sonam は 2017年 10月に日本に行き、2018年 9月に病気になって昏睡状態に陥った。
現在、日本の集中治療室の生命維持装置と人工呼吸器に完全に依存しています。
長男の Pasang Tamang は「日本の医者から、彼女が以前に結核にかかり、そして髄膜炎にかかっていることを知らされた」と述べました。
母親と父親は彼女の健康状態について完全には知らない。
パサン は労働省から「20日間日本に滞在するための資金を政府が提供する予定である」との電話を受けました。
Pasang と母親はおそらく来週来日するだろう。
母親は「娘が日本に行く前に、そこで稼ぐことができる、さらに1年以内にローンを返済することができ、さらに1年以内に家族のために小さな家を建てられる、と言いました」
母親は「娘が回復したとき、または、まったく回復しなかったときにのみ戻ってくる」と述べた。

Sonam は BEOを通して日本に送られた学生が直面している健康問題の中で深刻な犠牲者の一人です。
学生と保護者による主張は、BEOが約束したようにはお金を稼げなかったために、融資が非常に多かったために、複数の仕事をしなければならず、危険な仕事さえしなければならなかったということです。

この 1件の昏睡症例のほかに、30人のTB(結核)患者、2人の麻痺の症例、2件の精神障害および多数の心的外傷を負った若者の症例がありました。
両親の委員会は、学生が適切な食生活を送れずに激しい労働条件にさらされたことが原因であるかもしれないと信じます。
7月3日の両親の委員会は、BEOに対する刑事訴訟の第一歩として警察に訴訟を起こした。
彼らは ACC(汚職防止委員会)の調査に失望を表明した。
ソナムの医療費の 70%は医療保険で賄われ、残りの 30%は省が負担しています。


参照:The Bhutanese
『Sonam from Japan LEP program in Coma with 99.9 % brain damage since Sept 2018』
詳細:https://thebhutanese.bt/sonam-from-japan-lep-program-in-coma-with-99-9-brain-damage-since-sept-2018/