ニュースリリース
  • TOP
  • ニュース/リリース
  • 労働大臣の最近の声明は、Japan Learn and Earn Programに参加した親と若者の感情を傷つけた

労働大臣の声明、Japan Learn and Earn Programに参加した親と若者の感情を傷つけた

2019年 10月 1日付の問題に印刷されたクェンセルの記事は、日本LEP問題に関する労働人事大臣の声明について、年次 Gups 会議で報告しました。
「日本の事件についてのメディア報道は真実ではない。」
両親委員会の弁護士である Ngawang Tobgay は、開催された年次 Gups 会議で Gups の前で、「日本事件に関するメディアで報道された問題はすべて真実ではない、という大臣の声明が彼らを妨害した」と述べた。
「全国紙に書かれた声明を見たとき、私はとても驚きました」と Ngawang Tobgay は言いました。

■参照
WThe Bhutanese 11月2日
『Aggrieved parents and youth of LEP to write to PM and Labour Minister over controversial statement by Labour Minister』
https://thebhutanese.bt/aggrieved-parents-and-youth-of-lep-to-write-to-pm-and-labour-minister-over-controversial-statement-by-labour-minister/

山本けいこ様配信の「Bニュース(http://bhutan.fan-site.net/)」より転載