ニュースリリース

留学生問題:ジャパンタイムズの記事

福岡での自殺は、学び、獲得し、移民ブローカーBEOに対する詐欺と搾取請求の波を引き起こします。
ジャパンタイムズ 12月29日
『Student's death reveals dark side of Bhutan-Japan exchange program』
 https://www.japantimes.co.jp/news/2019/12/29/national/students-death-reveals-dark-side-bhutan-japan-exchange-program/#.Xgq3Orvgosm

(グーグル翻訳につき、その点ご留意下さい)
福岡の公園で木からぶら下がっているブータン人留学生の死体が発見されてから 1年が経ちました。
Sonam Tobgay、24歳は、2017年にブータン労働省が作成した交換プログラムである Learn and Earn Program の学生でした。
その目的は、名前が示すとおり、ブータンの若者を日本中の学校や企業に登録し雇用することでした。
700人以上の生徒がこのプログラムに参加して、学校に通い、日本で仕事を見つけました。
しかし、彼の家族によれば、トブゲイが本当に望んでいたのは、妻と 3歳の娘にお金を送ることでした。
2018年 12月に遺体が発見されるまで、福岡の語学学校で日本語を勉強し、近くの工場で働いていました。
トブゲイが自分の人生を奪った理由は不明のままですが、彼の死は数百人の学生を刺激し、1年の間に外国人留学生を搾取するための二重のスキームであると思われるものを徐々に発見する詐欺と苦難の話を出しました。


山本けいこ様配信の「Bニュース(http://bhutan.fan-site.net/)」より転載