ニュースリリース

留学生問題:THE PIE NEWS

Learn and Earn 留学生問題
THE PIE NEWS(国際教育の専門家向けのニュースおよびビジネス分析) 1月15日
『Agency behind Learn and Earn scandal charged』
 https://thepienews.com/news/bhutan-japan-learn-earn-charged-forgery/

(グーグル翻訳につき、その点ご留意下さい)
Learn and Earn スキャンダルの背後にある代理店の請求
ブータンの教育機関の所有者は、12月に国の首都ティンプーでの詐欺により、2,887件の偽造と 730件の窃盗の罪で起訴されました。
高い失業率は、多くの人が海外で仕事や勉強の機会を求める事につながっています。
このスキャンダルで多くの若いブータン人がだまされた。
BEO は、日本への労働プログラムの参加者が法定労働時間を超えて不衛生な状態で生活することを余儀なくされたスキャンダルの中心にあった会社でした。
Learn and Earn プログラムにより、ブータン人は日本語クラスを受講しながら週 28時間まで日本で働くことができ、開始時には「ウィンウィン」と呼ばれ、ブータンの若者に機会を提供すると同時に取り組みに取り組んでいます。
日本の労働力不足。

「学生は強制労働の指標を経験していると説明した」
ヒマラヤ王国は高い失業率と若者の機会の欠如に苦しんでいるため、政府が承認した機関やスキームを通じて海外で働くことは、お金を稼ぐ一般的な方法です。
一般的な目的地には日本、クウェート、マレーシアが含まれます。
人身売買に関する米国の報告書によると、約 200人の学生が、日本の仕事では「十分な収入」が得られず、「困難に直面している」と述べています。
「政府は、すべての学生がパスポートを所持していたと報告しているが、一部の学生はパスポートの保持や違法な賃金控除などの強制労働の指標を経験していると述べた」と報じた。

借金は、語学学校のビザ費用と授業料、および所有者が現在請求されている BEO に支払われた費用から発生しました。
ブータンで訴訟が進行するにつれて、日本でまだ働いて勉強している人々は、国内のブータンの労働者を代表する地元の組合の支援を受けて「ブータンの国際労働組合(ILUB) https://www.asahi.com/articles/ASM8053LBM80ULFA002.html」を設立するなど、権利を保護するための措置を講じています。
「多くの若いブータン人がだまされ、財政的負債に陥った。 ILUBとして、私たちは脆弱な人々と低技能労働者の権利を保護するために一生懸命に働きます」と ILUB の長 Jaganath Koirala は言いました。
「私たちは、若い友人がまともな普通の生活を始めることができるように、安定したまともな仕事を見つけるために一生懸命働きます。」


山本けいこ様配信の「Bニュース(http://bhutan.fan-site.net/)」より転載